受かるアルバイトの履歴書・面接 完璧ナビ 受かるアルバイトの履歴書・面接 完璧ナビ

現役の面接官が教えちゃう! アルバイトに受かる履歴書の書き方と、面接ノウハウ 総まとめ!

面接でよく聞かれる質問と、答え方まとめ ~志望動機や自己PRなど、覚えておくと便利な答え方集~

1478696961333761

さて、今回は「面接でよく聞かれる質問と、答え方」をまとめてみました。

もちろん完璧な答えというのはありませんが、やはり「ある程度、こう答えておけばOK」という答えを知っていると、面接で安心感がありますよね。

また、「何を聞かれるのかわからない」「ちゃんと答えられるか不安…」という方には、答え方の目安になると思いますので、ぜひ自分なりのベストな答え方を探すきっかけにして頂けると嬉しいです。

それでは面接でよく聞かれる順に解説です。

<スポンサーリンク>

面接官「それでは、履歴書を自分で説明してください」

面接が始まってすぐの時に、よくある質問です。

結構あいまいな、答えにくいタイプですよね。
これは簡単に言うと、「履歴書はもう読んだけど、これだけじゃわからないので、もっと詳しく聞かせてください」というメッセージです。

答え方のポイントは「仕事内容を詳しく話す」

要は、自分の履歴書をそのまま読めばOKという事ですよね。

手元に履歴書があれば、それを見ながら説明できますし、履歴書が相手の面接官の手元にあるなら、思い出しながら説明する事になります。

ポイントとしては、
「学校や趣味、プライベートの事はあまり話さない。今までしてきた仕事を中心に話す」という所が大切になります。

面接官が一番聞きたいのは、「この人はどんな仕事を経験してきたのだろう?」という点です。

履歴書には、「株式会社○× 入社」としか書いていませんから、具体的にどんな仕事をしたのかを話していきましょう。

少々長くなっても、全く問題ありません。
むしろあっさりしている方が不利になりかねませんので、なるべく詳しく、やった事のあるお仕事経験を順番に話していきましょう。

面接官「志望動機は何ですか?」

これも、大抵は履歴書にもう書いてありますよね。
これをもう少し詳しく説明するだけでOKです。しかし、「実はあまり大した志望動機がないので、詳しく話す事がない…」という事もありますよね。

また、「いくつも応募しているので、別に本命ではないし、大した志望動機がそもそも無い」という事も。
そんな時は、事前にどう答えるのかを決めておくと便利です。

答え方のポイントは「面接官が納得する理由」

応募の本音は、「近くて楽そう」や、「本命は他にあるので保険です」や、「何となく」だったりする事もありますよね。

しかし、それをそのまま言ってしまうと、相手にはものすごく印象が悪くなります。
そこでこういう時は、面接官の納得しやすい理由を話す事が大切です。

<面接官が納得しやすい志望動機は3種類>

その1.「今までの経験を活かしたい」
その2.「条件がとても合う」
その3.「好きだったので挑戦したい」

実は面接官が納得しやすい志望動機というのは、おおまかに見ると3種類になります。

一つ目は、
「今までの経験をそのまま活かせる」や「自分の得意な仕事だから」や「前の仕事と似ているから」といった、経験を活かしたいという理由です。

これが面接官が一番好きな理由ですので、もし応募している仕事に少しでも使えそうな経験があれば、この志望動機で行くのがベストです。

二つ目は「条件が合う」です。時給がいい、家から近い、学校から近い、通勤しやすい、シフトが自分の生活にあっている、といった条件面がちょうどいい場合ですね。

特に、シフトが自分の生活にあっているというのは、良いアピールになります。
無理せずにお仕事が出来る人を会社も探しているので、近くてシフトになるべく入れる人は魅力的に見えます。

三つ目は「好きだからやってみたい」です。
未経験の仕事に応募する時は、この理由も多いかと思います。好きだからという理由は、業種によっては書きにくい仕事もありますが(例えば葬儀系や風俗系、ギャンブル系など)、それ以外なら「興味がある」というレベルでも、志望動機にはなります。

その時は、「何となく好きなので」といった感じではなく、「前々からずっと好きで、いつかやってみたいと思っていた」などのように説明するのがポイントです。

何となく思いつきで応募した、と思われないようにするのが大切です。

<スポンサーリンク>

面接官「なぜこの会社に応募したのですか?」

これは嫌な質問ですよね。特に、「他にも似た会社があるのに、なぜこの会社を選んだのですか?」と聞かれると大変です。

大学生の就職活動の場合は、企業の事を下調べして、このあたりをちゃんと答えられるようにしておく必要がありますが、アルバイトの場合はそこまで出来ませんし、普通はしません。

答え方のポイントは「タイミングがあったから」

その会社の事や、仕事が好きだからという理由が説明できるなら、それを話すのがベストです。

しかし、そこまで大した理由がない時は、「タイミングが良かった」という理由にしてしまうのが安全です。

要は、「すぐに働きたいと思っていた時に、求人を見たら、ちょうどやりたかった仕事があったので」という理由ですね。

これならばどんな仕事でも同じ言い方で、答えることが出来ますから、その会社ごとに理由を考える必要はなさそうです。

面接官「いつから来れますか?」

この質問が出るということは、わりと面接の感触がいいというメッセージでもあります。

「この人、無いわあ。すぐ不採用にしよう」と面接官が思っている時は、この質問をしない場合も多いです。

答え方のポイントは「いつからでも行きます」

その会社にすぐにでも入りたい場合は、素直に「いつでも行けます」と答えるだけでOKです。

困るのは、他にも受けている場合ですよね。もっといい会社も受けていて、そちらで合格が出たら、この仕事は断りたいという場合です。

そんな時でも、なるべく「すぐに入りたいと思います」と前向きな答えをしておきましょう。

「他にも受けていて、そっちに受かったら、この仕事は辞退します」とストレートに言ってしまうと、ものすごく印象が悪くなってしまいます。

もし本当に本命の会社に受かったら、すぐに電話して、「すいません、実は他で決まってしまいました」と伝えて謝りましょう。
それだけで会社は「そうですか、仕方ありません」と答えて終わりになる事がほとんどです。

まとめ

面接では、ある程度聞かれる事は決まっています。
答え方を何となくでもイメージしておくと、しっかり伝える事が簡単になります。

また、答え方にはある程度決まったパターンがありますので、この記事も参考にしながら、ぜひ面接を上手く乗り切ってくださいね。

あなたのお仕事に幸ありますように!

<PR>

-スポンサーリンク-

もし良かったらシェアもよろしくお願いします。


 - 同じカテゴリの記事 :面接ノウハウ
同じキーワードの記事: ,

  関連記事

面接の都市伝説? 面接に関するウワサのウソ・ホント  18,225 回読まれました

面接の話には、時々、「それホント?」と思うようなウワサ話や、なんとも怪しいノウハ …

〔初めてのバイト面接〕 面接で失敗しないための基本中の基本 まとめ 21,660 回読まれました

さて、今回は面接の時に印象の良くなるちょっとしたコツについてです。 簡単に出来る …

面接での自己PRの進め方 ~何をどう言っていいのかわからない時に見ておきたいコツ一覧~ 17,502 回読まれました

さて、いよいよ面接がスタートしました。ここからは会社や面接官によって、進め方はマ …

本屋、CDショップ、アパレル、家電量販店の面接に行く時のアピール方法 11,040 回読まれました

さて、今回はちょっと業種を絞った面接対策の話題です。 本屋、CDショップ、アパレ …

アルバイト面接のよくある質問例「長所と短所は?」の良い答え方例 22 回読まれました

アルバイトやパート面接の質疑応答は、意外と答えるのが難しい質問も多いものですよね …

いざ面接! その前にチェックしておきたいポイント+持ち物まとめ 8,109 回読まれました

さあ、アルバイトへの応募も済ませて面接です! と、その前にちゃんとチェックしてお …

バイト面接Q&A「前のアルバイトを辞めた理由は?」の好印象な答え方例  1,312 回読まれました

さて、今回はアルバイト面接で聞かれて困る質問のナンバーワン、「前の仕事を辞めた理 …

面接官の好むフレーズ、警戒するフレーズ紹介 35,443 回読まれました

さて、今回はアルバイトの面接で、面接官が意外と好むフレーズと、警戒するフレーズを …

〔アルバイト面接の基本〕 電話での応募の仕方と、気をつけた方がいいポイント+言い方例 242,259 回読まれました

<スポンサーリンク> <この記事の目次>1 ネット応募と電話応募、どっちが得?2 …

失敗しない自己PR~アルバイトの職歴(経験してきた仕事)のアピール方法~ 12,043 回読まれました

今回は、これまで正社員や派遣社員、アルバイトとして経験してきたお仕事を、どうアピ …