受かるアルバイトの履歴書・面接 完璧ナビ 受かるアルバイトの履歴書・面接 完璧ナビ

現役の面接官が教えちゃう! アルバイトに受かる履歴書の書き方と、面接ノウハウ 総まとめ!

アルバイト面接でのアピール方法 「前のバイトを辞めた理由は?」の答え方

  カテゴリ:面接ノウハウ キーワード:

omemo20140313500

さて、今回はアルバイトの面接でよく聞かれる質問の中でも、特に困る事の多い「前のバイトを辞めた理由は?」の答え方を解説していきたいと思います。

この質問で面接官が気にしているのは、「ウチの会社を同じ理由ですぐに辞めるかも?」という点です。
逆に言えば、面接官が嫌がる辞め方でなければ、多少、バイトを変えた回数が多くても問題ありません。

では具体的に、NG例やOK例を見ていきたいと思います。

<スポンサーリンク>

これは絶対にNG!例

面接官が、「自分の会社でこれをやられたら絶対に嫌!」と思う辞め方。それが一番のNG例ですよね。
代表的な物はこういったパターンになります。

・人間関係が嫌で辞めました

これは結構嫌がられます。
もちろん、職場に嫌な先輩や上司がいるのは、どこも当たり前ですし、それが嫌で辞めたくなる気持ちはわかります。そして、実際にそれで辞めていても構いません。
(というか、仕事を辞める時は大体少しくらい「人間関係が嫌だ」という理由は誰でも持っていますので、悪い事ではありません)

ただ、ハッキリと「人間関係です」と口にするのはNGです。

それを言ってしまうと、面接官は「この人は人間関係でトラブルを起こす人では?」と疑ってしまい、採用される確率が一気に落ちます。

そういった意味で、一番言ってはいけない危険ワードと言えるでしょう。

・仕事に飽きました

これももちろんNGです。同じような作業が続くのがお仕事ですから、大体どこの会社にも「飽きる瞬間」というのはあります。

面接官から見ると、「飽きたらすぐ辞めるんだな」と思われてしまいますので、これもかなりのNGワードです。

また、ここまでストレートに「飽きた」という人は多くないでしょうが、よく似た言い回しも注意が必要です。

例えば「マンネリ化」「張り合いがない」「刺激がほしい」「同じ事の繰り返し」「慣れてしまった」等があります。

・続けたかったのですがクビになりました

これも当然NGですよね。クビになる理由は、喧嘩や怠慢、周りの人々との人間関係、能力不足など色々あるかと思いますがどれであってもやはりアウトです。

自分からこれを言って、それでも採用になるという事はほとんど無いと考えておいた方が良いかと思います。
面接官から見ると、「他社がクビにした人をわざわざ採用していいのか…?」という思いが強くなりますので、かなり不利です。

<スポンサーリンク>

辞めた理由、これはOK!の例

さて、今度はOKな方の例を挙げていきたいと思います。
まずアルバイトを辞めるというのは、誰もがある事ですから、辞めた事そのものは問題ありません。

大切なのは、面接官も納得できる辞め方をしている、というポイントです。

面接官に印象のいい「辞めた理由」の代表例は、こういったものがあります。

・生活が変わり、シフトが合わなくなった

例えば、大学の3年生から4年生に変わり、単位も十分で平日昼間に空き時間が多くなった、という例ですよね。
あるいは、引っ越しをして職場から遠くなった場合や、結婚・出産・子育てなどで働ける時間が変わったという例などもあります。

他にも、「就職活動が始まったので働ける時間が減った」、「部活を辞めて時間が出来た」、「大学合格(内定獲得)で時間に余裕が出来た」などももちろんOKです。

要は、今までと使える時間が変わったので、それに合わせて仕事を増やしたい(減らしたい)という理由ですね。

生活スタイルが変われば、働ける時間も変わります。

面接官はもちろんそれを知っていて、シフトに合う人を採用しようとしていますから、「このアルバイトのシフトと、自分の働ける時間はピッタリです」というアピールはとても歓迎されます。

・より経験を積みたい、スキルを身に付けたい

更に面接官に好かれるのは、より挑戦を積みたいという前向きな理由です。

例えば、以前は個人経営の小さな書店や、小さな居酒屋で働いていた人が、「より有名で大きなお店で働きたい」という目標を持って応募してくるような例ですね。

先ほどの書店の例ですと、町の小さな書店を辞めて、紀伊国屋や丸善に応募するような形でしょうか。

他にも、チェーン店の居酒屋で調理のアルバイトをしていた人が、「より料理の腕を磨きたい」と思って、創作和食のお店に応募するような形もあるでしょうか。

これらの例で大切なポイントは、
「以前の経験を活かしたい」「もっとレベルアップしたい」という二つの想いが入っている事です。

この2つの前向きな想いは、面接ではとても強い武器になります。
もし同業の仕事や、前職の仕事の応用が利く仕事へ応募する時は、この形でアピールしてみて下さいね。

・前職は時給が低かった。収入を増やしたい

実は、「時給を上げたいから」というストレートな理由も、思う程マイナスにはなりません。

やはり同じ時間働くなら、なるべくお給料が多いのは誰でも同じですから、面接官も「時給が理由」という応募者に理解があります。

ただ、あまり「お金、お金」と言いすぎるとちょっと引かれてしまいますので、アピールはそこそこの方が良いでしょう。

どうしても「前の仕事を辞めた理由」が言いにくい、という時はこの「時給を上げたい」という理由でごまかしてしまうのも一つの手です。

まとめ

面接での「前の仕事を辞めた理由」の説明方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ポイントはやはりポジティブな印象を与えるように伝える事です。
前の仕事の愚痴や悪口はもちろんNGですし、仕事を変える理由はなるべく明るく前向きに聞こえるように伝える方が効果的です。

あなたの面接に幸ありますように!

 - 同じカテゴリの記事 :面接ノウハウ
同じキーワードの記事:

<PR>

-スポンサーリンク-

  関連記事

採用の連絡はいつ頃くる? 合格連絡の時に確認したいポイント103,816 回読まれました

面接が終わった後、採用か不採用かの連絡がいつ頃来るのか。とても気になるポイントで …

面接の都市伝説? 面接に関するウワサのウソ・ホント 17,470 回読まれました

面接の話には、時々、「それホント?」と思うようなウワサ話や、なんとも怪しいノウハ …

バイト面接Q&A「前のアルバイトを辞めた理由は?」の好印象な答え方例 496 回読まれました

さて、今回はアルバイト面接で聞かれて困る質問のナンバーワン、「前の仕事を辞めた理 …

本屋、CDショップ、アパレル、家電量販店の面接に行く時のアピール方法10,229 回読まれました

さて、今回はちょっと業種を絞った面接対策の話題です。 本屋、CDショップ、アパレ …

面接官の好むフレーズ、警戒するフレーズ紹介33,505 回読まれました

さて、今回はアルバイトの面接で、面接官が意外と好むフレーズと、警戒するフレーズを …

アルバイトの面接で聞かれて困る質問と、答え方例 まとめ251,287 回読まれました

さて、アルバイトの面接で自己PRが終わると、いよいよ面接官からの質問です。 ここ …

面接で役に立って、合格率70%以上の取りやすい資格 ベスト339,083 回読まれました

さて、今回は資格についてです。 履歴書に書いておくと、面接の時に「おっ」と思われ …

(続)アルバイトの面接で聞かれて困る質問と、答え方例 その217,430 回読まれました

さて、今回はアルバイトの面接で聞かれて困る質問への答え方 第二回です。 前回の記 …

アルバイト応募の電話のかけ方、話す事まとめ16,196 回読まれました

さて、今回は働きたいアルバイト先を決めた後、その職場へ応募の電話をかけるときの方 …

アルバイト面接 受かるマニュアル[総集編]20,073 回読まれました

当サイトではアルバイトの履歴書、志望動機、自己PR、面接対策などたくさんの記事が …